交通事故示談の時期

交通事故では、示談交渉が欠かすことができないものとなりますが、この示談交渉はいつ行えばよいのでしょうか。示談交渉をいつ行うべきなのかを知っているのと知らないでいるのとでは、万が一そのような事態になったときに大きな違いとなってしまうこともありますから必ず頭に入れておきましょう。

示談交渉は治療などを行った後に行うことになります。というのも示談交渉では、医療費などもかかわってきますから実際に治療が終了しなければわからないということになります。仮に何らかの後遺症などが残るような場合にはそういったことも考えなければいけませんが、それも治療が終了し後遺症があることを医師が判断しなければわからないことになりますから気をつけないといけません。中には入院中に相手の保険会社で訪れて示談交渉を行いたい旨を申し出てくることもありますがこれは断るべきことになります。こういったことも考えると弁護士などを先にお願いしておけばこういったことにも対応してもらうことができ安心です。

示談交渉でも死亡してしまったような場合には、すぐに行うことになりますが、そうでなければ治療が優先となりますからここはきちんと押さえておくといざというときに慌てることもなくまた、治療に専念することもできます。そのためにも弁護士への依頼は前もって検討しておくと良いでしょう。

外部サイト【http://www.ko2jiko.com/flow/
交通事故示談の流れを説明している「アディーレ法律事務所」のサイトです。