交通事故示談とは?

交通事故は誰もがあいたくないものですが、気を付けていてもいつあってしまうかわからないものでもあります。交通事故にあってしまったときにどのように対応したらよいのか理解しておけば必要以上に苦労することなく安心ですから万が一のための知識として知っておきましょう。

交通事故で被害者となってしまい行わなければならないのが示談交渉となってきます。示談交渉とは交通事故が起きた時の被害者と加害者が話し合いを行って損害賠償額や支払方法といったことを決めることになります。示談交渉は当事者同士の話し合いということになりますが、必ずしも当事者同士でしか話を行うことができないということではなく加入している保険会社の方で交渉してくれることが多くなっています。

交通事故にあってもなかなか落ち着いて話を行ったり手続きを行うということは難しく多くの人が何をどのようにしたらよいのかわからずに困ってしまいますから保険会社の人に頼るということが多くなりますが、被害者となった場合に過失の割合が加害者が100で被害者が0となっているような場合には被害者の保険会社の方では手を出してくれませんから自分で行うことになります。こうなった時にはそもそも損害賠償をどのくらいにしたらよいのかなど全くわからないということもありますから困ってしまいます。そこで頼りにしたいのが弁護士となります。

弁護士をお願いすることは決して珍しいことではなく、仮に過失割合が0ではないという場合でも適切な示談交渉を行うためにお願いすることも多くなっています。